リハビリ部会のご紹介

セラピストインタビュー:急性期(千葉西総合病院:理学療法士)

何を思い、患者さんと向き合うのか ~急性期・回復期・生活期~

徳洲会グループでは数多くのセラピストが、急性期、回復期、生活期といったさまざまなフィールドで活躍しています。現場で活動しているセラピストに、仕事のやりがいや苦労話、患者さんとのエピソードなどについて聞きました。

急性期 : 病気・けが・手術後などにおける早期のリハビリをサポート

患者さんからの「ありがとう」に うれしさ

千葉西総合病院 リハビリテーションセンター 内科・脳神経外科担当 理学療法士

急性期病院におけるやりがいとは?

病気やけが、手術などの発症初期から離床開始したり、病状の変化がみられたとき、また、手術後すぐに歩行や離床のために、いろいろな手法を使ってお手伝いしていることに、やりがいを感じます。

苦労することは?

治療と離床を同時に行っていくことは、やりがいと同時に苦労もあります。

最近、患者さんに言われてうれしかったことは?

リハの時間がすごく楽しいと言ってもらえたときは凄くうれしかったです。ありがとうと言ってもらえると、やっていて良かったなと思いますね。

自分自身の課題と将来像はありますか?

次年度は2年目になりますが、わからないことでも先輩面しないで後輩と一緒に学ぶことです。まだ具体的に将来像はみえませんが、 患者さんの気持ちや求めるものを提供できる PTになりたいです。

ページの先頭へ