リハビリ部会のご紹介

言語聴覚士の1日

生活の場の環境設定の調整に苦労

セラピストはいったいどのような1日を過ごしているのでしょうか。OT、ST、2名のセラピストの1日を追ってみました。

勉強になることばかり

札幌東徳洲会病院 言語聴覚士

先輩方の優しく熱い指導のもと、患者様が楽しくコミュニケーションを図れ、おいしく食べられるように日々精一杯頑張っています。

言語聴覚士の1日

  • 7:30 出勤 時間にゆとりをもってカルテチェックを行いたいので、少し早めの出勤です。担当患者様のカルテを確認します。
  • 8:30 朝礼 リハスタッフ全員が集合し、連絡事項を確認します。スタッフ皆が顔を合わせて挨拶することで、1日を気持ちよく始めることができます。
  • 9:00 リハビリ業務 コミュニケーション障害や嚥下障害をおもちの患者様に対しリハビリを実施します。状態に合わせて、ベッドサイドやST室にて介入を行います。当院のST室は、病院イチ見晴らしがよく、患者様にも大好評です!
  • 12:00 昼食介入 安全においしく食べられるよう、姿勢調節や食べ方の指導、食事形態を検討していきます。
  • 13:40 カンファレンス 患者様がより安心・安全に生活できるよう、医師や病棟スタッフと情報共有します。
  • 14:00 休憩 昼食介入後のため、少し遅いお昼ごはんです。先輩方と楽しくお話しながら休憩します。本当に面白い先輩ばかりで、常に笑いが絶えません!
  • 15:00 リハビリ業務 診療の進め方を迷ってしまう患者様については、臨床指導という形で先輩の協力を受け、アドバイスをもらいます。
  • 16:00 嚥下カンファレンス ドクターと共に患者様のVF、VE映像を見ながら、今後の食事やリハビリの進め方について検討します。
  • 16:30 清掃、カルテ記載、各種書類作成、1日の振り返り 1日の診療を先輩と振り返ります。疑問点などについて先輩とディスカッションし、明日の診療に生かします。先輩方は、とても丁寧に相談に乗ってくれ、いつも感謝の気持ちで一杯です。定期的にリハビリ部門全体やST部門の勉強会・症例検討も実施しており、勉強になることばかりです。

ページの先頭へ