職場紹介

野崎徳洲会病院(大阪府)



当院は急性期病院であり、当科としては以下の基本方針を掲げて、治療にあたっています。

・急性期治療の中で、早期離床・早期退院を目指し、患者様の機能回復・維持に努める
・急性期から生活期まで幅広いリハビリテーションを行う

当科は各疾患別リハ(Ⅰ)を取得しており、運動器疾患・脳血管疾患だけでなく、呼吸器・心臓血管外科など幅広く関わっており、各種疾患のリハビリテーションの知識・技術だけでなく各種疾患管理に関する知識を得ることも可能です。
教育に関しては、入職書記はマンツーマン方式を取っており、その後もOJTを含めた研修・勉強会も行っております。
また、院内の各種委員会にも多く所属しており、療法士目線の意見を発信することで、より良いチーム医療の実現に貢献しています。
当院では急性期以外に同施設内の訪問看護ステーションからの訪問業務と野崎クリニックでの通所業務(デイケア)を行っており、在宅復帰後の生活期においても関わることができます。

当科では、カンファレンスや委員会活動などを通して、各疾患の治療だけでなく多職種の中で療法士の専門性を発信できる人材を育成できるように日々努力しております。

ケガや病気をして“最初に出会う療法士”として、いつか患者様に笑顔を取り戻して頂けるよう共に頑張っていきましょう。

診療科目

基本情報

開 設 昭和50年10月01日
病床数 218床

交通アクセス

所在地 〒574-0074  大東市谷川2-10-50

車でご来院の方

  • 府道8号線を奈良生駒方面へ、大東市民会館を越えてしばらくすると左側に見えます。

電車でご来院の方

  • •JR学研都市線にて京橋駅より四條畷方面約15分(JR東西線と直通運転)
    •住道駅下車徒歩約18分(住道駅南口より病院送迎バスあり)

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ